裁判員裁判⑫論告求刑

DSPN

犯行の事実関係にあまり争点がなく、証拠調べや証人尋問もたんたんと2日目には終わって、3日目の論告求刑に移ります。検察は美人局という発覚しにくい悪質な犯行で被害者に怪我をさせた罪は重く、懲役5年の求刑です。弁護側は被告人が初犯で主犯格とは言えず、父親が今後の監督指導に責任を持つので、実刑ではなく執行猶予を求めます。
裁判長が同じ世代の父親として、被告人とその父親に厳しい質問をしていたことと、被告人が犯行の動機として、「断るのが面倒だった」と言っていたことが印象に残りました。

裁判員裁判⑪証人

DSPN

この事件では、主犯格が証人として証言します。主犯格にとっては不利な内容ですが、被告人が従属的な役割であったことがうかがえます。被告人の父親も証人として証言します。あまり裕福とは言えない家庭環境の中で、被害者に相応の金銭を支払って示談していること、被告人を今後しっかり管理監督することが述べられます。
また、被害者も出廷して証言します。一応示談が成立しているので、被告人が正当な裁きを受ければ許してもよいという趣旨の内容です。検察官が女性なので、被害者に対しても「愚かな行為をした」と反省させるような質疑応答がありました。

裁判員裁判⑩裁判の流れ

DSPN

裁判員裁判でも裁判の流れは同じで、冒頭陳述、証拠調べ、論告求刑、弁論、評議、判決というように進みます。公判日程は4日間ですが、判決の前に1日裁判員の評議の日程が入ります。
事件自体は被告人が犯行を認めており、有罪無罪の争いはなく、情状酌量をどうみるかに主な論点があります。事実認定で若干相違点があり、もみ合っている最中に被害者の服を脱がしたのか、勝手に脱げたのかという、全体の中ではあまり重要とは思えない点ですが、裁判の時間配分ではこの点の議論に相当の時間を費やしました。肝心の情状についての議論がかすんでしまった印象は否めません。
プロ裁判官の方の説明では、法形式としては強盗傷害事件なので、執行猶予がつくかはギリギリのケースだそうです。

裁判員裁判⑨事件の概要

DSPN

担当する事件の概要ですが、グループによる強盗傷害事件で、被告人は主犯格とは言えない20代前半の男性です。高校時代の友人などが集まって、女子高生を装って出会い系サイトで中年男性の被害者を夜の公園のトイレに誘き出し、仲間の未成年女子がいっしょにトイレの個室に入って被害者が下半身裸になったところで、被告人と主犯格男性が登場し、口止め料として金を要求します。いわゆるハニートラップとか美人局(つつもたせ)という犯罪ですが、本件では被害者が抵抗したため、主犯格男性ともみ合いになり、結果的に被告人も加担して被害者に怪我をさせたうえ、見張り役だった被告人が被害者から財布を奪って逃走しました。
尚、被告人はこの事件の前に、別のグループで工事現場から夜間に工具類を盗んだ事件でも、見張りと換金の役割で加担しており、2つを合わせた事件としての裁判です。

裁判員裁判⑧抽選までの感想

DSPN

裁判員名簿に登録された通知が来ても、実際に選ばれる確率はかなり低いように考えていました。冤罪の可能性や、死刑判決を伴う事例もあるので、あまりうれしくないというのが実感でした。実際の抽選でも、当日の会場に集まった人数から5分の1程度の確率だから当たらないだろうと考えていましたが、自分の番号を見て驚きます。
でも補充裁判員なので、判決に自分の判断が影響することもなく経験ができるのだろうと、自分なりに納得していました。(結果的に公判過程で補充から裁判員に繰り上がりましたが。)家族は何かすごいことに選ばれたように思ってか喜んでいるので、無作為の抽選とはいえ、何となく名誉なことに感じるところもありました。

裁判員裁判⑦公判前

DSPN

裁判員に選ばれた人は、お互いに身元を明かさないような対応になります。「裁判員1番さん」というように呼ばれます。私は「補充1番さん」です。
担当する刑事事件の概要と裁判日程が説明されて、公判を含めて5日間のスケジュールが示されます。質疑の中で私は服装について質問しましたが、暑い季節なので軽装でいいとのことで、ドレスコードは全くありません。現に20代らしき男性の裁判員の方は、最初の公判当日はTシャツに短パン、サンダルという服装でした。
裁判員としての宣誓と、その他事務的なことを終えて、次回の集合時間を決めてから、その日は解散です。

裁判員裁判⑥集合

DSPN

裁判員および補充裁判員に選ばれた8人は、裁判長・裁判官3名といっしょに別室に集合します。そこで担当する事件の概要と、利害関係の有無の最終確認がなされます。この事件では未成年の被告人関係者がいますので、その氏名での確認がなされます。その後は、公判日程や事務的な説明と、裁判が行われる部屋の確認、簡単な質疑が行われます。
裁判員に選ばれた6人は、男女半々で年齢層も20代から60代というところで、うまく分かれています。補充裁判員2名は私と同世代の男性2名です。裁判長と裁判官1名は同世代の男性で、もう1名の裁判官は若手という感じです。一般に思われているような堅苦しい印象は全くなく、ごく普通のサラリーマンに近い感じです。我々が緊張しないように配慮しているのかもしれません。

裁判員裁判⑤抽選結果

DSPN

抽選は裁判長がパソコンを用いて、ランダムに数字を表示するようなソフトで行われます。候補者も有権者名簿から無作為に選ばれるようですが、この抽選も無作為なのだろうと思います。抽選結果が正面のスクリーンに表示されます。裁判員には外れましたが、補充裁判員に「2番」がありました。これまでくじ引きで大したものが当たったためしがないのですが、当たりです。もらった冊子によれば、裁判員にあるのは全有権者のうち13500人に1人の割合だそうです。

裁判員裁判④抽選

DSPN

2019年8月某日に裁判員選任手続きのため横浜地方裁判所に行きました。一般入口ではなく関係者入口より中に入り、指定された部屋に行きますと、番号札を渡されます。私は早めについたので、2番でした。(これが後からの展開に影響します。)
普通の教室くらいの部屋に順番に着席して時間まで待っています。たぶん40人くらいが招集されたようです。開始時間になると、いろいろと手続きの説明があり、個別の事情で相談のある方が別室で対応を受けます。また、担当の検察官と弁護人は理由を述べずに候補者を何名か拒否することができるそうです。(そのような方は今回はなかったようです。)
そして、最終的に残った候補者から、裁判員6名と補充裁判員2名が抽選で選ばれます。

裁判員裁判③選任手続

DSPN

名簿に登録されましたと通知を受けて、しばらく経過して忘れていたころですが、2019年7月に横浜地方裁判所より分厚い大型封筒が届きました。中身は「裁判員等選任手続期日のお知らせ」とあり、同8月某日に裁判員選任手続(予定される裁判日程は9月上旬の5日間)を行うので、裁判所まで出頭せよとの通知です。これは正当な理由なく出頭しない場合は罰則(過料)があるとのことです。ただし、拘束時間に見合った日当と交通費が支給されるようです
アンケートでは夏休みは厳しいと答えたのに、微妙なタイミングだなと思いました。